FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

整形手術の難しさ

整形手術を成功させるには、



「執刀医の腕」と「執刀医の美的感覚」、または、「患者の要望への忠実さ」が必要になります



何かを判断するときに



私たちはその人の見かけで判断してしまいがちです。



ここでいう「見かけ」というのは



執刀医の人となりだったり、説明の仕方・分かりやすさだったり、話をどれだけ聞いてくれるかだったりします。



しかし、この「見かけ」の良さは、「腕の良さ」だったり、「美的感覚」とは必ずしもリンクしません。



これらは必要条件でも十分条件でもないのです。



だからこそ手術は難しい。



大がかりな骨きりの手術なら、腕が良くても後遺症が出る可能性も高い分、



どの医者であっても失敗例というのが存在するでしょう。



ですので、断片的な失敗例を拾ってきても



その医者に腕があるかどうかを判断する基準には必ずしもならないのです。



また、口コミサイトのレビューも当てにならないでしょう。



自分が口コミサイトを運営しているとして、



その広告代理店などから多額の謝礼を用意されたら、



あなたならレビュー操作をしないと言い切れるでしょうか?



また、患者自体が自分の変化に夢を持ちすぎて、



執刀医の腕が良かったのにもかかわらず不満をいうパターンもあるでしょう。



そうなる前に、



ちゃんと3Dで整形をシミュレーションすることは



自分が現実的な手術結果を望んでいるかどうかを確認する上では必要なことなので



クレーマーになる前に、



自身もやるべきことをやる必要があるでしょう。



このように当てになるものが少なく、



不明瞭な要素が多いからこそ



整形手術は難しいのだとつくずく痛感します。



一番いいのは



自分と美的感覚が似ている整形経験者の話を聞くことだとは思いますが



そういう方を探し出すのはとても難しい。。。



しかしながら、



つい先日なんとかそういう方を発見したので



その方からいただいたアドバイスを参考にしていこうと考えています。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。