FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムラムラ

「どうだ?興奮するか?」

「そ、そんなこと・・・」

隆志はせわしく汗をかきながら、視線を小刻みに移動させていた。

動揺しているのがバレバレだ。



幼馴染の隆志は奥手で性格もおとなしい。

20歳を過ぎても当然のように童貞だった。

一方、俺はポジティブで活発な性格だ。

後天性性転換症にかかっても、2日もすれば女として前向きに生きていく決心がついた。

むしろこんなに面白い体験ができるなんてラッキーだと思っていたくらいだ。

隆志をこの体でからかったら面白いだろうな。

そんな考えで今の状況だ。

奴が好きなメイドの恰好をして、こんな至近距離でみたことがないであろう

女性の体を見せつけてやっているところだ。

a004.jpg

(やっぱ俺の体ってエロすぎるな・・・・)

自分の体を見つめて少しムラムラきてしまった。

けど、それは男の時のムラムラ感と少し違う。

(隆志に触れたいな・・)

俺は勝手の分からない女の性欲に動かされながら、

隆志を見つめて奴の腕に触れた。

「お、おい・・からかうのもいいかげんに・・んっ」

驚いた顔がいとおしく見える。

隆志とキスをしてしまった。

そこに男同士なのにという気持ち悪さはなかった。

むしろ、俺は頬を赤らめた奴の顔を見てより一層ムラムラしていた。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。